いよいよ秋も深まり、観
光には格好の季節となりました。

石川県には白山や能登半島など広葉樹林が豊富で、紅葉の見どころも多いのですが、金沢は市街地にも紅葉の見どころが沢山あります。雑木林の多い卯辰山も紅葉の中のドライブに最適ですが、街中にも落葉樹が多く、香林坊付近や金沢駅から金沢港に伸びる50メートル道路などはケヤキ並木が緑から黄色・オレンジ・赤と見事なグラデーションを見せてくれます。この50メートル道路は、その両脇の歩道にも銀杏並木が続き、黄金の屏風のように素晴らしい光景が楽しめます。また、四高記念公園としいのき迎賓館の間の道は「アメリカ楓(ふう)通り」と呼ばれ、情熱的な目を見張る真っ赤なアメリカ楓の並木が素晴らしく、ついカメラを向けてしまいます。
甘エビやガスエビも美味しい時期ですが、来月にはカニ漁も解禁されます。能登半島は松茸が・・・。秋を満喫できる金沢にぜひお出かけください。
DSC_0128
DSC_0130
DSC_0121